News
30 April, 2020

当社臨時株主総会の運営等についてのご案内

 2020年5月11日(月)に当社臨時株主総会を開催するにあたり、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、下記の通りご案内申し上げます。
 株主の皆様のご理解とご協力を賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

• ご出席を予定されている株主様におかれましては、健康状態にご留意いただき、ご無理のないようお願いいたします。また、ご出席にあたりましては、マスクの着用、手指のアルコール消毒にご協力ください。当社役員・スタッフはマスクを着用いたします。

• 入場にあたっては、体温検査を実施いたします。体温が37.5度以上であるなど体調不良と見受けられる株主様については、入場をお断りさせていただく、または退場をお願いすることがございます。

• 基礎疾患がある方や体調にご不安のある株主様におかれましては、本臨時株主総会へのご出席を見送られることもご検討ください。

• 議決権行使は、ご出席いただくほか、招集通知に同封しております議決権行使書の郵送により行うこともできますので、是非ご利用をご検討ください。議決権行使書での行使期限は、2020年5月8日(金)午後7時到着分までとなります。

• 株主様に議決権を事前行使いただく際のご参考として、本臨時株主総会の議案「資本金の額の減少」に関しまして、以下のとおり補足説明をさせていただきます。

- 資本金の額の減少の内容について
本臨時株主総会の議案である資本金の額の減少は、会社法第447条第1項に基づき、資本金の額を12,550,389,290円減少させ、減少する資本金の額の全額をその他資本剰余金に振り替えるものです。

- 資本金の額の減少のねらいについて
資本金の額を減少するねらいは、当社の資本政策の機動性と柔軟性を確保することにあります。
すなわち、資本金の額の減少により、予め分配可能額を増加させておくことで、自己株式の取得や配当といった資本政策の選択肢を広げ、適時適切に必要な施策を実行できる体制を整えることができます。
なお、現時点で特定の資本政策の実施を予定しているものではありません。

- 資本金の額の減少による株主様への影響について
今回の資本金の額の減少は、貸借対照表の純資産の部における勘定科目間の振替処理であり、当社の純資産額に変更はございません。また、発行済株式総数の変更は行いません。
そのため、株主様が現在お持ちの当社株式について、例えば、株式数が変動したり、一株あたりの純資産額が変動したりすることによるマイナスの影響はありません。

- 資本金の額を減少する時期について
新型コロナウイルスの感染拡大等、見通しが不透明な情勢下において、資本政策の面においても、先手を打って体制を整えておくことが重要と判断したものです。

 今後の状況等により株主総会の運営に大きな変更が生じる場合には、本ご案内同様に当社webサイトにてお知らせいたします。