News
19 February, 2021

生命保険業界初、三井住友海上あいおい生命保険が「BEDORE Voice Conversation」を活用し、入院・手術給付金の請求申出受付を自動音声応答化

 当社子会社の株式会社BEDORE(本社:東京都文京区、代表取締役:下村 勇介)が提供する音声対話エンジン「BEDORE(べドア) Voice Conversation」を、MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上あいおい生命保険株式会社(社長:丹保 人重、以下三井住友海上あいおい生命保険)に提供し、お客様と代理店からの保険金・給付金請求申出の自動音声応答による受付を、生命保険業界で初めて開始します。

 三井住友海上あいおい生命保険では、これまで入院・手術給付金の請求申出を有人のコールセンターとインターネットから受け付けていましたが、新たに「BEDORE Voice Conversation」を活用した自動音声応答窓口を開設しました。手続きを希望されるお客様から「お客さまサービスセンター」へお電話いただき、自動音声応答による対応をご希望された場合、「BEDORE Voice Conversation」による自動音声対話で必要事項をヒアリングしてご請求お申出受付を完結させます。

 詳細につきましては以下のプレスリリースを御覧ください。
https://www.bedore.jp/wp-content/uploads/2021/02/210219_Press-release.pdf

■ PKSHA Technologyについて
 「アルゴリズムサプライヤー」として、自社開発した機械学習/深層学習領域のアルゴリズムを用い、既存のソフトウエアや各種ハードウエア端末向けにソリューションを展開しています。伸長している領域としては、自然言語処理技術を用いた自動応答や、画像/動画認識、予測モデルなど多岐に渡ります。アルゴリズムを軸に近未来のデジタル情報社会へ向けて価値を創造すべく、今後も多種多様な企業・サービスとも連携を強め、積極的に事業展開してまいります。