News
3 June, 2021

「Cellor」、国内で数少ないInstagramメッセンジャーとのAPI連携を開始し、Instagram上でより洗練された接客体験を実現

 株式会社PKSHA Technology(代表取締役:上野山 勝也、以下PKSHA)は、当社が提供するアルゴリズムソフトウエア「Cellor(セラー)」がInstagramのメッセンジャーAPIと連携することをお知らせします。今回のAPI連携は当社がMessengerと連携したことによって実現可能となったものであり、「Cellor」は日本国内企業の製品としてInstagramのメッセンジャーAPIと連携する製品となります。本連携機能については、従来から当社が開発してきたCRMソリューションツール「Cellor」から派生したデジタル接客ソフトウエア「Cellor for Chat」を導入することでご活用いただけます。

 以前より、Instagramのメッセージング機能を活用することでチャット形式での販売促進を行うことは可能でしたが、Cellor提供クライアントにおいて、マーケティングファネル状況の可視化や顧客カルテの管理には煩雑な作業が必要であり、適切に運用するには相当のコストが必要でした。今回のAPI連携により、Instagramのビジネスアカウントを所有する企業は「Cellor for Chat」を導入利用することで、Instagram上で自社製品・サービスに興味・関心を持ったユーザーに対して、パーソナライズされた良質な顧客体験を非対面で提供する業務環境を容易に構築出来ます。またPKSHAのアルゴリズムを搭載した「Cellor for Chat」の各種解析機能を活用することで、企業は顧客に対し、購買を始めとしたコンバージョンに至るまでの対顧客コミュニケーションを円滑かつ効率的に実行できるようになります。

「Cellor for Chat」の主要機能(一部抜粋)
● 全ての対話の一元管理
● 自然言語処理技術を活用した個別顧客との対話の自動分類
● 深層学習技術を活用した個別顧客情報の抽出と顧客カルテの自動アップデート
● 個別顧客のマーケティングファネルの自動推定とダッシュボードの自動生成

 今後も当社ではデジタルコミュニケーション領域において、従来から研究開発してきたアルゴリズムモジュールを活用しながら、未来のソフトウエアの社会実装を推進して参ります。

■ 「Cellor for Chat」について
「Cellor for Chat」は、非対面での接客を実現するデジタル接客ソフトウエアです。「Cellor for Chat」を活用することで、Webサイト埋め込み型のチャットインターフェースやLINE等のメッセージングツールと連携し、チャット型の非対面接客を実現出来ます。
 Instagram等のSNSの発達により消費者が商品を知る機会が増えている一方で、新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い小売店舗での購買機会は損なわれています。このような背景の中、当社で開発してきた「Cellor for Chat」の連携先としてInstagramが加わることで、企業が消費者に対して高度で適切な接客を行い、消費者がより適切な商品に出会うことが出来る世界の実現を目指しています。

■ パートナーのコメント
【Facebook社 VP of Platform Patnerships at Messenger Konstantinos Papamiltiadis様】
“We are thrilled/delighted/pleased that PKSHA Technology is launching Messenger API support for Instagram on Cellor. The Messenger API for Instagram is now available for all developers who make it possible for brands to improve and enhance messaging experiences with customers,” said Konstantinos Papamiltiadis, VP of Platform Partnerships at Messenger. “By integrating the Messenger API for Instagram, businesses and developers can effectively scale messaging workflows to better own the customer experience and build more authentic relationships.”

■ PKSHA Technologyについて
「アルゴリズムサプライヤー」として、自社開発した機械学習/深層学習領域のアルゴリズムを用い、既存のソフトウエアや各種ハードウエア端末向けにソリューションを展開しています。伸長している領域としては、自然言語処理技術を用いた自動応答や、画像/動画認識、予測モデルなど多岐に渡ります。アルゴリズムを軸に近未来のデジタル情報社会へ向けて価値を創造すべく、今後も多種多様な企業・サービスとも連携を強め、積極的に事業展開してまいります。

■「Cellor」の操作画面
● 接客画面(メッセージング・顧客カルテ)



● 自然言語処理でメッセージを分類・タグ付け



● ファネルダッシュボード



■English press release

“Cellor” is one of the first companies in Japan to integrate the Messenger API for Instagram to provide a more sophisticated customer service experience


PKSHA Technology Inc. (Representative Director: Katsuya Uenoyama, "PKSHA") is pleased to announce that its algorithm software "Cellor" will be integrated with the Messenger API for Instagram .

This API integration was made possible by Messenger and "Cellor” will be one of the first products provided by a Japanese company to integrate with the Messenger API for Instagram. This integration function can be utilized by introducing "Cellor for Chat", a digital customer service software derived from "Cellor", a CRM solution tool we have been developing.

In the past, it was possible to use Instagram's messaging function to promote sales in a chat format, but providing transparency for Cellor customers on the status of the marketing funnel and managing customer records was complicated and required considerable costs to operate properly. With this API integration, companies with their own Instagram business accounts can easily build a business environment by integrating "Cellor for Chat" to provide a personalized and high-quality customer experience to users who are interested in their products and services in a non-face-to-face environment. In addition, by utilizing the various analysis functions of “Cellor for Chat”, which is equipped with PKSHA algorithms, companies can smoothly and efficiently execute customer communication and increase conversion rates including purchases.

Key features of "Cellor for Chat" (excerpt)
· Centralized management of all conversations
· Automatic classification of conversations with individual customers using natural language processing technology
· Extraction of individual customer information and automatic update of customer chart using deep learning technology
· Automatic estimation of marketing funnels for individual customers and automatic generation of dashboard

We will continue to promote the social implementation of future software by utilizing the algorithm modules that we have been researching and developing in the digital communication field.